お中元とお歳暮の常識

お中元とお歳暮の常識は、お中元の情報サイトです


古くから続くご挨拶

日本では古くから礼節を重んじるお国柄なので、季節ごとのご挨拶はとても重要な意味を持ちます。その中でも特に重要なのがお中元とお歳暮です。この時期になると、デパートやショッピングセンターではお中元やお歳暮の特設コーナーができ、セールやテレビCMもよく見かけるようになります。そのため、お中元とお歳暮は誰もが知っている言葉です。では、お中元・お歳暮とはそもそもどんな意味があるのでしょう。まずはお中元から。この「中元」という言葉は暦上の区切りを表します。もとは中国の風習で、7月15日を中元とし、半年間無事に暮らせたことに対する感謝の意を込めて、祖先の霊を供養する二でした。それが、日本では祖先の霊を供養するのではなく、両親に食べ物を贈る風習に転化して、さらにその意が広がって目上の人やお世話になった人に贈り物をする、現在のお中元になったと言われています。対して、お歳暮は中国から伝わったものではなく、日本で独自に発生したものです。お中元に対して年末に行われる贈答の行事となっていますが、起源は年神様に備えるお供え物を持ち寄ったことにあると言われています。1年の締めくくりとして贈られるお歳暮はお中元よりもその意味が重視される傾向にありますが、それは「来年もよろしくお願いします」という意味が込められているからです。ただし、最近はお中元やお歳暮の習慣も薄れつつあり、わざわざ贈答品を贈ることも少なくなっているようです。受け取る側としても気を遣いますので、お中元やお歳暮を遠慮する方もいらっしゃいます。それが時代の流れと言ってしまえばそれまでですが、お中元やお歳暮には普通の贈答品とはまた違った意味を持っています。人間関係を潤滑に、豊かにするのに非常に有効で大切にしたい風習です。

'); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?>